オトナシ人間・・5と6タイプ −目標に向かう強い意志をどう持つか?−

 

◎5タイプは他人まかせですぐあきらめてしまうタイプ
 
先生や親の言うことをハイハイと聞く素直な点は長所だが、他人まかせ親まかせになりがちで、自分で何かを決めるのが苦手。親の言うままに塾通いもするが、自分から積極的に勉強ができないタイプ。
ついつい、なにごとにも無気力になったり、あきらめてしまいがちになる。

 
◎6タイプは自身がなくカラに閉じこもりがちタイプ
 
もの静かなマイペース型人間。それだけに自分のカラに閉じこもってしまいがち。内向的で人見知りをしてしまうところもあり、積極的に人と接することが苦手。何かに挑戦しても、ちょっと失敗しると、自信を失い、落ち込んでしまい、ますます消極的になってしまう性格。
 
 
 

 
 
5タイプは、心優しいのだが、自分で決断するのが苦手で自分の意思をはっきり表にあらわさないタイプ。6タイプは、自分なりの考え方はしっかりもっているのだが、イマイチ自信がなく、自分のカラに閉じこもりがちなタイプ。

オトナシ人間は、気持ちの持ちようで、勉強に対する姿勢がずいぶん変わってくるので、巻き返しが可能だ!

 

目標をしっかり定めることが大切!こうと決めたら思いっきり突き進め!


5のタイプの人は、親や先生を頼らず自分で決め、行動すること。他の人に頼っている限り成績アップは望めないよ!
 

 
6のタイプの人は、自信を失ったり落ち込んだりしたとき、机の前に座っていてはダメ。思いっきり体を動かして汗をかこう。ジョギングでも、なわとびでもなんでもいいから。お気に入りの音楽をかけてダンスなんていうのもいい。ヘトヘトになるまで踊ってみるのだ。気持ちがスッキリしてくるよ。
 
 
 



 

5のタイプ、6のタイプのオトナシ人間は、目標をしっかり持つこと。目標があってこそ力が出てくるタイプだから。自分が将来何になりたいか、どんな人間になりたいかを考えてみよう。そうすると、どんな高校に入り、どんな大学へ行けばいいのか、具体的な目標が見えてくるから。目先の成績よりも、この高校に入るのだ、という目標の方が力がわいてくるタイプです。目標が決まったら突き進むこと、そうすれば、自信は後からついてくるよ。

また、5のタイプも6のタイプも気持ちが暗くなりがちなので、1日1回でもいいから「自分はやれるんだ」「かならず志望校に入れるんだ」と心の中で自己暗示をかけること。気持ちが明るくなってくるよ。

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 


 
塾長紹介 授業・コース 教室のご案内 「創文」のご案内 お問い合わせ