塾長 平山雅康氏とは

生徒ひとり、ひとりのちがう夢!
友秀ゼミナールは大切に育てます!

 

 

高校2年の時、近所の子供の勉強を教えることがきっかけで「子供があいさつするようになった」「明るくなった」「成績が上がった」と口コミで評判が広がる。
また、市内で1、2位を争うくらい弱い小学校サッカーチームを3年目には県内トップに仕上げる。その後、幼稚園児のサッカークラブ設立(現在は可動していません)

 

そして、友秀ゼミナールを始めて32年となります。

 

 

平山先生は、「会えばピタリと当たる」占いではないけれど、そういう言葉がピッタリの性格や心理状態を基にした勉強アドバイスをされ、それが、見事に的中します。
「会えば伸びる」と塾長は豪語されるが、まんざらウソではない。
全国からくる喜びの声を聞いているとこの不思議なパワーを兼ね備えた塾長は“本物の人”である。
きどらず、謙虚な姿勢からの視点はそのポイントを簡単に当ててしまう。
過去にはラジオにも毎週出演、また数学の著書も多数あります!

 

 

塾長 平山雅康の著書はコチラ!

 

 

目まぐるしく変化する受験制度。日に日に荒廃していく公教育。子供たちにとって過酷ともいえる受験環境。受験戦線の混乱と変化は、文部科学省が長期的な見通しなしに行ってきた単なる対症療法的な改正の繰り返しから生まれた公教育の歪みに原因があることは、誰もが認めることと思います。

 

その責任は、子供たちにあるのではなく、何らかの形でこの混乱に関わってきた私たち大人にこそあるのではないでしょうか。高額教材販売や長期ローン契約などで消費者問題を起こしている会社。大学生を研修もせずに派遣している無責任で教務力のない会社。これら金儲け主義的な悪質な派遣会社を利用してしまったら後の祭りです。

 

私どもは、このような教育に対しての何の使命もビジョンも持たない会社を目の当たりにするにつけ、憤りを覚えずにはいられません。しかし、どの会社が信用できる会社かを生徒や父兄の立場から見分けるのは至難の技です。そこで、生徒と父母の満足度を第一に考え、講師の人格、指導力、アフターフォロー、進路進学指導など、いずれの点でも他の追随を許さない、質の高い教務サービスを自信を持ってご提供致します。
友秀ゼミナールは全力を尽くし、子供たち一人ひとりを愛情を持って応援していく塾です。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 


 
塾長紹介 授業・コース 教室のご案内 「創文」のご案内 お問い合わせ