地図やグラフの問題に慣れておくトで得点UP!(M子さんの体験)

【偏差値 38→50】

 

ここが平山流
 
小学校の教科書を使って、基本事項を押さえる!

 

平均偏差値が34だったのに・・!
M子さんは、5教科平均偏差値が34。勉強がとことん嫌いで、今言われたことが右の耳から左の耳へ抜けてしまうタイプ。全科目平均して成績は悪く、やる気がない。受験に向けて、どこから手をつけてればいいのだろうか?
英語、数学(算数)は基礎からやり直しなので、伸びるまでに時間がかかる。理科は特に嫌いな科目だといっている。とにかく1教科でも伸ばして自信をつけさせたい。そこで、私は社会に目をつけました。

 

得意科目がない人は社会科はねらいうち!
社会科は、やりさえすれば確実に点数が取れる科目だ。M子さんには、小学校の4、5、6年の社会科の教科書を新たに買ってきてもらい3回読み、太字の部分を紙に書いて覚えてもらった。
小学校の教科書は字が大きいので早く読める。これで本人はおもしろくなったようで、どんどんやる気になってきた。
次に、中学の教科書を3回読んでもらいそれと同時に、地理の地図やグラフを使った問題を中心にやってもらった。地図やグラフに慣れるのは、実力テストで点をあげるのに有効な方法なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 


 
塾長紹介 授業・コース 教室のご案内 「創文」のご案内 お問い合わせ