ネアカタイプ 受験生の逆転勉強法!

【過去問題で緊張感と集中力をつけ、時間を有効に使うことが成功のカギ】
 
@過去の問題にどんどん挑戦することで、受験への緊張感が生まれ、集中力が出てくるので、
参考書をひろげてボンヤリしている状況から早く脱すること!
また、ネアカタイプは注意力不足のところもあるので、具体的な問題をやることで、自分がおかしやすいケアレスミスをチェックすることもできます。
 

Aこのタイプは、時間管理がなかなかできない人が多いので、今日からは、テレビ、マンガ、スマホ(携帯)などは部屋に置かないようにしよう!
その日の予定の勉強が終わるまでは、気が散るようなものはそばに置かない決意をすることは大事!
 
 
B学校から帰ってきて、夕食までの時間を有効に使うこと。テレビを見たり、ファミコンをするよりは、睡眠をとったほうがいい。短い時間の有効な勉強法を自分で考えよう!
 
Cネアカタイプは、科目に好き嫌いがある人が多い。その原因も、「英語の先生が嫌い」というように先生の好き嫌いが基準になっているところがあります。
その先生のよい所をみつけるのだという気持ちで授業をうけよう!

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 


 
塾長紹介 授業・コース 教室のご案内 「創文」のご案内 お問い合わせ