読み、書くことに慣れれば、国語の成績は上がる!(C君の体験)

【偏差値 38→58】

 

ここが平山流
 
つまずいたところからやり直せ!

 

小4レベルでつまずいていたが・・!
C君は頭は悪くないのだが、努力することが嫌いで、投げやりな態度が目立つタイプだった。学力診断テストを見ると、これは国語をなんとかしないといけないと思った。
英語も数学も、すべての科目が国語のレベルと同じで伸び悩んでいるのだ。
逆に、国語の基礎を固め、実力をつければ他の科目も必ずよくなってくると判断した。
まずは、小学校の国語から勉強しなおした。

 

2ヶ月で小学レベルから脱出に成功!
C君には、小学4〜6年の問題集を買ってきてもらい「文章の読み取り」「文法」「漢字」の順に問題集に書き込みながらやっていく方法をとった。まちがえたところだけノートにとって覚えるのだ。
2ヵ月後、説明文、論説文などの問題も読めるようになってきた。こたえは必ず書くという指導をし、少々の間違いは気にしないで伸び伸びと表現してもらった。
そして、中学生用の問題集にも入ったが、しだいによく考えるようになってきた。
当初、小学4年生の問題集もあやふやだったC君が、3ヵ月後には平均以上の点数を取るようになった。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 


 
塾長紹介 授業・コース 教室のご案内 「創文」のご案内 お問い合わせ